構造化データ対応Tips

個別ページに投稿日と更新日を表示させる

構造化データ

記事サイトでは個別ページはArticleでマークアップするが、記事の投稿日と更新日の両方を含めないと、エラーが出る。

「datePublished」フィールドの値は必須です。

ところが、SIRIUSでは片方しか表示されない。そこで、記事の投稿日を初回作成時に固定し、更新日を記事の詳細設定で可変させるタグを作った。

下準備

先に、htmlテンプレート編集のエントリーページの、独自タグ<% pagePublicDate %>を、下のように置き換える。

<p class="date">更新:<span itemprop="dateModified"><% pagePublicDate | parseDatetime(yyyy/MM/dd) %></span> by <span itemprop="author" itemscope itemtype="https://schema.org/Person"><span itemprop="name">あなたのなまえ</span></span></p>

すると、マークアップされた、執筆者と更新日が表示される。

投稿日を追加するタグ

<$ AllStrReplace(更新:,投稿:<span itemprop="datePublished">2018/08/19</span> 更新:) $>

個別記事編集の詳細設定で、上のタグを、「上級者向け設定」の「スタイル割り込み」にコピペ。「2018/08/19」のところを、実際の投稿日に変更。すると、設定画面での「公開日」が、更新日として表示されるようになる。記事を更新したら、公開日時の「現在の日付」ボタンをクリック。

あ、このページは記事にタグ入れてるから、変換で投稿日を表示できねぇ。。

SIRIUSカスタマイザーは上位版を選択!世界最強?サイト作成ソフトSIRIUS

更新:2018/08/20 by